夏休みにお勧め、大人も子どもも楽しめる絵本「なっとうくんのぼうけん」。

絵本
DSC_0559

レコードやCDと同じく、絵本も自分のタイミングで何度も読めるのがいいところです。今回は、昭和なアイドルが登場したり、なっとうレシピもある、親子で読める絵本「なっとうくんのぼうけん」の世界を紹介するよ!
本ページは広告が含まれています。

「なっとうくんのぼうけん」はこんなお話し

いつまでも食べられず、危うく捨てられそうになった、なっとうくんは、ある日冷蔵庫から逃げ出します。誰かの役に立ちたい、そう思い色々な事をしますが、上手くいきません。

そんな時、なっとうが好きなアイドル「レイミー」を週刊誌の記者から守ります。そこから、自分に自信を持ち始め、最後には・・・と言うストーリーです。

なっとう好きなアイドル「レイミー」はどことなく、昭和50年代のアイドルな感じがします。
アイドルがデート現場を週刊誌の記者に激写される、というのも昭和50年代から60年代によくありましたね。

自分に自信を失った主人公が、ふとしたきっかけで、自分を肯定し、居場所を見つけていく。子どもたちが、なっとうくんと自分を重ね合わせ、絵本の中で一緒に成長して欲しいですね。

最後に、うにが思う、レイミーな昭和アイドルを紹介するよ!

レイミーのモデルになった?アイドル

絵本の中では、レイミーは多分、中学生3年生~高校1年生位と思われます。なので、3人のデビュー当時のイメージでしょうか。うにが一番近いと思うのは、薬師丸ひろ子さんのデビューの時期ですね。
「セーラー服と機関銃」の主題歌をザ・ベストテンで歌った時の感じが、レイミーと重なります。

この絵本の背景

作者は、歌人の笹公人(ささきみひと)さん、絵は、田中六大(たなかろくだい)さんです。
巻末では、作者の笹さんとイラストレーターの和田誠さん、奥さんの平野レミさんとの親交がきっかけで、この絵本が誕生したと書かれています。和田誠さんは、レコードのジャケットのデザインを手掛けていますし、平野レミさんは、料理研究家でもあり、シャンソン歌手でもあります。
「なっとうくんのぼうけん」は音楽と言うキーワードに彩られた絵本と言えるでしょう。
レイミー、平野レミさんからでしょうね。たぶん。

おわり!

created by Rinker
¥1,650 (2024/05/20 07:57:38時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました